CommuniCare Management

プログラム一覧

お問い合わせ

お問い合わせは、下記までお願いします。

新社会人に目立つ「六月病」

かつて「五月病」という言葉が、しばしば取り沙汰されました。受験を乗り越えて大学に入ったものの、目標を見失ったり、新生活に馴染めずに、無気力になるような症状を表したものですが、実は今、新社会人の間で「六月病」が目につくことはご存知でしたか?

「新人」から「社会人」へ

新社会人の場合、当初1ヶ月は新人研修で、職場への配属は5月、というケースが多く見られます。また、入社後すぐに配属される場合でも、当初は「新人」として大目に見られ、多少の失敗には目をつぶってもらえることも少なくないでしょうし、5月にはゴールデンウィークという“一休み”できる時期もあります。

六月が一番つらい!

しかし、6月に入ると、情況は変わってきます。梅雨の時期を迎えて鬱陶しい日々が続き、休日も少ないなど、精神的・肉体的に疲れはピークを迎えます。「3日、3週間、3ヶ月」は消耗が現れやすいといわれています。ただ、本人は目の前のことをこなすのに精一杯で、多少体調が悪くても無理をしがちで、情況を冷静に判断することが出来ないケースが多いのです。実際に「後で振り返ってみると6月が一番つらかった、当時のことはあまり覚えていない」という声も少なからず耳にします。

不調を見過ごさないで

個人差はあるものの、「六月病」の症状には、以下のようなものが見られます。
・朝起きたときに体が重い
・疲れが取れない
・食欲不振
・寝つきが悪い、眠れない
・気分が落ち込んで、やる気が出ない
こういった症状が一ヶ月くらい続く場合は要注意。「六月病」とは言われていますが、実際に本人や周囲が症状に気付くのは7月、8月に入ってから、という場合も少なくないのです。もし今、体調に不安を感じているなら、思い切って受診することをおすすめします。あるいは、まず身近な人に相談をしてみてはいかがでしょう。一人で溜め込むのは禁物、冷静に自分の状態を判断することが何より重要です。

次回

次回は「リズム障害」について、ご紹介します。

このページの先頭へ